綺麗な髪は部分補修が決め手

 

補修ケアでは『適所、適剤、適正作用』という考え方が必要です。

 

例えば、補修剤を使った場合でも、根元は綺麗だが毛先はバサバサして指通りが悪い、こんな感じはありませんか? だとすれば、根元と毛先では補修剤の塗布量を変えてみましょう。頻度を変えても良いでしょう。さらに、補修剤の種類を変える事も必要です。それが【部分補修】という考え方なのです。

 

特に毛先はダメージ乾燥が激しい場合が多く≪親水性≫に傾いています。

 

これは何を意味するか?トリートメントの馴染みが悪く、効果が上がらないという事、根元など綺麗なところはツヤツヤと綺麗になっているが、毛先はなかなか綺麗にならないという事です。


この場合は部分的な≪疎水化トリートメント≫が効果的です。髪の状況を知り使用剤の特性を知り、それらを使いこなす知識も必要です。これが本当の効果を出すという事なのです。是非あなたもヘアケアの達人となってください。髪が綺麗になっていくって楽しいですよ!

 

疎水化トリートメントとは・・・

 

特に毛先の傷みが激しい場合、保湿力が落ちています。CMC(細胞膜複合体)も完全になくなっている状況です。

 

健康な髪は疎水性と言ってCMCがしっかりしていて、トリートメント成分になじみが良く水分は弾きます。カラーしている方は経験あると思いますが、シャンプー後なかなか乾かないのに乾くと今度はパサパサに乾いてしまう。あなたはそんな感じを持っていませんか?そうです、保湿コントロールができない状態です。これを正常な状態にしようとするのが、疎水化トリートメントです。

 

シャンプー時、シャンプーを流した後、毛先中心で「リードオイルK 」「エモリエントシルキーマスク」が活躍します。

 

これは疑似CMC成分、各種オイルを毛髪内部まで導き入れるように浸透成分を付加して内部をうるおい成分で満たします。さらに保湿を維持し、キューティクルの補修、艶感、滑りを良くするように擬似CMC成分がキューティクルを疎水化します。

 

もし、あなたが、もっと効果を上げたいのなら、シャンプー後エモリエントシルキーマスクを付ける前に、少量の疎水化専用リードオイルKを毛先に付けると良いですよ、これはアウトバスオイルより軽い感触で濡れた髪に良く馴染み、トリートメント成分を導き入れるためのリードオイルとなります。

 

エモリエントシルキーマスクの使用法

 

シャンプーを流した後、毛先にのみリードオイルKを数滴(長さにより3プッシュから10プッシュ)手のひらにとり、毛先に良く馴染ませます。その上にエモリエントシルキーマスクを重ね塗り2?3分放置後、よくすすぎます。

 

(リードオイルKは軽いため付けすぎる事がありますので、少なめから慣れてください。)

 

ハイダメージ(ビビリ毛など)対処に関する考え方

 

美容室でのビビリ毛修正

 

※ビビリ毛とは俗称です。縮毛矯正などの薬品が効きすぎたりした失敗でチリチリになった状態を言います。(毛髪変形)

 

毛髪変形現象を修正するには、もう1度縮毛矯正をかけて、まっすぐに矯正し直さないといけないのです。でも想像してください。最高の傷みでチリチリなった髪にもう1度修正矯正し直す・・・ハイ!あなたの想像通り。これほど難しく危険な作業はありませんし、誰でも(美容師)できるという仕事でもありませんので、綺麗に直らないまでは仕方ないとしましょう。しかしもっとひどい状況になったら・・・ではどうしたら良いのでしょう。その技術を可能としている美容師を探すしかありません。しかし、ここでもしっかり認識してもらいたい事は、初めに言った通り『傷んだ髪は直らない』チリチリ毛髪変形をまっすぐに修正しただけです。この後のホームケア、ダメージ補修は続けていかないといけません。手入れが悪いとボサボサ感はすぐに顔を出してきます。

 

自宅でのハイダメージ対処法

 

上記の美容室でのビビリ修正技術が怖い、できる美容師が近くにいないなど、そんな方が実践されているのが補修剤でのダメージ補修と、ビビリ毛修正法(創る)この組み合わせで、とりあえず日々のストレスから解放されましょう。もちろんこれも直るわけではないので、ゆっくり続けていく事が大事です。そして本物の綺麗な髪を手に入れましょう。

 

ここで大事な考え方は、ビビリ毛など毛髪変形現象を綺麗な状態に修正する事と、髪の本質的なコンディションを上げていく補修とは別に考える事が成功の秘訣です。どちらか片方だけでも完全ではありません。

 

よく誤解されるのが、補修剤など何かつければビビリ修正ができると思われる事です。傷みでバサバサするとか、乾燥が激しい場合などは、補修剤を使う事で髪のコンディションが良くなって、見違えるような髪になったと言う事例は数多くありますが、(ビビリ毛など)毛髪変形現象は、それをテクニックで修正しながら、なおコンディションを上げていく。

 

ここまでの考え方が必要になります。修正とは朝のお手入れ、またはシャンプー後の修正テクニックの事です。

 

朝からのダメージ毛修正、実施編

 

ビビリ毛などの修正作業として・・・(ビビリ修正はここからが本番)

 

朝から、CMCプロ(2倍液)を軽く付けて櫛などで梳かし、よく髪に馴染ませます。それをほぼ乾かします。(90%乾かす感じ)その直後ジェルを、 ほんの少量【ショートなら米粒2?3粒分くらいの量】 手のひらに良く伸ばし、ビビリ中心にしっかり付けます。髪のしなやかさ、すべりを感じるはずです。それからしっかりブラッシング、そして修正に入ります。大きめのロールブラシなどで少しテンションをかけながら軽くブロー、 これでかなりビビリ毛は伸び収まりの良い状態になります。

 

ビビリ毛に限らず、バサバサ髪のスタイリングまたはアイロンを使用する時も同じ考え方が必要です。乾ききった髪は非常に硬くなって思うように綺麗に創れません。保湿コントロールが大事です。髪をしなやかにして感触の良い保護剤をつけること、これでボサボサビビリなどもスタイリング、修正が思うようになります。